top of page

ラボベーシック  | ツールと機能の選択 

ミリ |直径4.4mm視野

マイクロ | 直径900μm。視野

メソ

メソ+

マイクロ

ミリ

画像提供

ジェイスターリサーチ社

メソ+|直径400μm視野

メソ | 直径 230µm視野

顕微鏡の視野 (FoV) オプション

PG偏光

マルチアングルの粒子生成偏光画像の同時取得を可能にします。詳細については、偏光に関するテクノロジーのページをご覧ください。

PG分極なし

標準的な暗視野顕微鏡。

プローブの長さのオプション

注: 一度に選択できるプローブの寸法は 1 つだけです

選択した構成に関するカスタマイズされた詳細を受け取ります

どの構成が最適かわからない場合は、下記までお問い合わせください。さらに詳しいご相談に応じます。

Thank you for your inquiry! We will get back to you as soon as possible.

詳細については、お問い合わせフォームにご記入いただくか、Info@BlazeMetrics.com までメールでお問い合わせください。

1M 顕微鏡検査

1M レーザー分類: 無害であると考えられています。第一世代の Blaze 顕微鏡ツールは 1M と評価されています。拡大鏡、双眼鏡、望遠鏡などの光学補助具を使用して見ると、危険が増大します。

3B 顕微鏡検査

3B レーザー分類: 一般的なラマン システムはクラス 3B と評価されています。 3B は、直接光線による即時の皮膚への危険性と、直接見た場合の即時の目の危険性を示します。顕微鏡用高出力 3B 照明の利点は、より暗い粒子を観察できることです。

解像度ターゲットの比較に関する注意: 顕微鏡業界では、2D 解像度を比較するために上記の 1951 AF 標準ターゲットなどの参照ターゲットを利用するのが一般的です。詳細については、Blaze にお問い合わせいただくか、次のサイトにアクセスしてください。https://en.wikipedia.org/wiki/1951_USAF_resolution_test_chart

ほとんどの PAT アプリケーションにとって重要なパラメータである 3D 解像度の概要については、Blaze にお問い合わせください。

詳細については、顕微鏡に関するテクノロジーのページをご覧ください。

ノート:

 

1) すべての BlazePAT システムは 14 ビット (黒から白までの 16,384 のグレー ステップ) でデータを収集します。ほとんどのモニター (デスクトップまたはラップトップ) またはプロジェクターでは、表示される白黒画像が 8 ビット (256 段階のグレー) に制限されており、これにより画像の鮮明度 (特徴の解像度、つまり、大きな結晶上に形成される二次核形成や接着基板上の細胞の成長) が制限されます。

 

2)Blaze Microscopy は UHD で生画像を取得しています。ピクセル解像度 (1 ミクロンあたりのピクセル) は、センサーと画像が表示されるモニターの両方で重要です。 UHD ディスプレイに表示されるミクロンあたりの画像ピクセル数は、フル HD のピクセル数の 4 倍です。これにより、特にズームイン時の小さな特徴の視覚化が大幅に改善されます。この改善されたセンサー解像度により、HDR CLD ベースの粒子サイズ/数と HDR 濁度の両方を導き出すために使用される情報の S/N 比も大幅に改善されることに注意してください。

2D 空間での Blaze の解像度

12/14/19 OD x 276 mm 浸漬可能

12/19 OD x 461 mm 浸漬可能

12 OD x 41 mm 浸漬可能

19 OD x 461 mm 浸漬可能

19 OD x 403mm 浸漬可能 (ミリのみ)

12/14/19 OD x 276 mm 浸漬可能

2 番目の交換可能なプローブの追加 

FoV、偏光オプション (FoV で利用可能な場合)、および偏光オプションを選択します。 2 番目の交換可能なプローブのプローブ寸法

12/19 OD x 461 mm 浸漬可能

19 OD x 461 mm 浸漬可能

19 OD x 403mm 浸漬可能 (ミリのみ)

12 OD x 41 mm 浸漬可能

この機能により、ユーザーは以下を切り替えることができます。

  • さまざまなプローブを選択可能視野/解像度 および/または


この機能は、顕微鏡の対物レンズの切り替えと同様に、2 台目のシステムを購入するよりも大幅にコストを削減しながら、単一の BlazePAT システムで幅広いアプリケーションに適切に対応できるようになります。

bottom of page